院長のコラムColumn

インフルエンザ予約はこちら

OPEN

記事一覧へ

インフルエンザの出席停止期間の考え方(小学生以上の場合)

インフルエンザ発症後、学校へ登校可能になるには下記の2つの条件を両方、満たさないといけません。

  • 解熱後2日が経過していること
  • 発症後5日が経過していること

※発症とは発熱の症状が現れたことを指します。日数の数え方は発熱が始まった日は含まず、翌日からを発症第1日目と考えます。

≪例1≫

この場合、発症後6日目に登校できます。

≪例2≫

この場合、解熱して2日経過しても、発症後5日が経過していない為、すぐには登校できません。発症後6日目に登校できます。

≪例3≫

この場合、発症後5日が経過していても、解熱後2日が経過していない為、すぐには登校できません。発症後7日目に登校できます。

記事一覧へ